レンタルスペースについて

レンタルスペースで空き時間を有効活用

レンタルスペースとは

サラリーマンが多く行き交う都心のターミナル周辺などで、レンタルスペースやレンタルオフィスといった看板を見かけたことはありませんか?

レンタルスペースとは、時間貸し、あるいは契約期間に基づいて誰でも気軽に利用することができるサービスです。

本社ビルなどを持たない企業の場合、オフィスを構える際には、賃貸マンションや賃貸アパートを契約するように、オフィスビルのワンフロアや複数フロア、あるいは一室などを賃貸オフィス、賃貸事務所として借りることがあります。この場合、賃貸契約の期間は1年以上である場合がほとんどで、その賃貸物件の住所で会社の登記を行うことができます。

レンタルスペースの場合は、賃貸オフィスや賃貸事務所とはやや異なり、あくまでも一時的なオフィスとして使用することがほとんどとなります。

レンタルスペースの中には、長期にわたり利用が可能で、会社登記が可能なものもありますが、長期にわたり使用する場合には、レンタル費用が高くついてしまう場合も多いので、実際にレンタルスペースをオフィスとして使用している会社はあまりないでしょう。

 

簡易オフィスとして利用する

では、レンタルスペースはどのような時に利用されるのでしょうか。よく見られる利用法としては、まず時間貸しスペースでの簡易オフィス的な利用法です。

外回りの営業などで、あちこち回っていると、ぽっかり空き時間ができてしまうことがありますよね。しかし、わざわざ事務所に戻るのは面倒…。そんな時に、最寄りのレンタルスペースを利用すれば、本来事務所ですべき作業を外出先で片づけることができるというわけなのです。

喫茶店などで作業をすることもできますが、オフィス向けのレンタルスペースならば、スペースが間仕切りされていて個室状態になっていて書類なども広げやすくなっているので、短時間でも仕事に集中しやすいのが利点です。

最近では、企業がこうしたレンタルスペースと契約をしていて、営業担当者のための活動拠点として活用しているケースもありますし、もちろん個人でも気軽に利用することができます。