居抜き物件について

慎重にチェックして選びたい居抜き物件

低コストな居抜き物件

賃貸オフィスや賃貸事務所、あるいは賃貸店舗などを探す場合、コストを低く抑える方法のひとつに「居抜き物件」の利用があげられます。

居抜き物件とは、過去に入っていた事務所やお店の設備や什器がそのまま残されている物件のことを指します。イメージ的には、オフィスやお店で働く人材のみがいないといったところでしょうか。

通常、賃貸物件を利用する場合には、スペースだけが確保されていて、内装や什器は借主が自ら準備しなければならないわけですが、居抜き物件の場合はあらかじめ内装や什器が入った状態なので、その分のコストを大幅にカットすることができるというわけなのです。

そのため、できるだけ安く賃貸オフィスや店舗スペースを探したいという場合には、居抜き物件は見逃せない物件といえるでしょう。

 

チェックが大切な居抜き物件

しかし、一見非常にお得に思える居抜き物件も、考えようによっては使いづらい点もあります。

たとえば、居抜き物件では、すでに内装がある程度決まった形でレイアウトされていますから、好みに合った物件でないと、不満を感じることになります。

特に飲食店などは、水回り・厨房の使い勝手は重要なポイントとなりますが、万が一不都合があっても、改装が難しいというケースも珍しくありません。

また前のお店のイメージそのままに新規オープンをすることになりますから、お客さんに気が付いてもらえない場合もあります。

事務所などで、居抜き物件を利用することは少ないですが、事務所の場合も同様で、LANなどの配線や什器の配置などを事前によく確認しておく必要があります。

また、居抜き物件では、内装や設備をそのまま引き継ぐために「造作譲渡料」を支払わなければならない場合もあります。引き継ぐ設備類が、十分に利用可能なものであれば良いのですが、古くなっていて使えない場合もあるので、やはり事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

居抜き物件を利用する際には、これらのことを踏まえ、慎重に物件選びをするようにしましょう。